ピクセルゲーム

ピクセルアートは、ゲームスプライトの解像度と色の数が制限されていた別の時代のものです。 したがって、初期のゲームで見られたピクセルアートはシンプルで、主に8ビットおよび16ビットのコンピューターの制限があるからこそ、限られた色のパレットが特徴でした。その後、MS Paintは、一つのピクセルにアートの作成を普及させました。現在、初心者はピクセルアートを利用して、妖精を作成することができるお陰で、インディーゲームのためのピクセルアートが人気です。数年に渡り、ピクセルアーチストのスキルを向上し、低解像度の画像にすばらしい画像の詳細を詰め込むことができます。