マルチプレイヤー リアルタイム games

Y8.comでリアルタイムゲームをプレイしましょう。もし時間が不足している場合はどうしようとしていますか?勉強する方法は1つだけあります。Y8のリアルタイムゲームをプレイしましょう。

リアルタイム・ストラテジーゲーム

リアルタイム・ストラテジー(RTS)ゲームは前任者で、ターン制ゲームと異なっています。両方はストラテジーゲームのサブジャンルです。ターン制ゲームでは、几帳面な戦略を重視するし、長い時間をかかるラウンドがあるので、そのうちにプレーヤーが疲れます。一方で、RTSは短い時間でラウンドが終わることができます。RTSジャンルでよく批判される一つのよくあることは、早い段階で敵の守りがまだ弱い時に突撃することで、ゲームラウンドの結末がすぐできてしまうことです。映像で最も規定とするRTSの要素は、上から下の視点、建物を造る能力、そして巨大軍隊を操作することです。このジャンルを広めたのは、マウスとキーボードの操作で様々なRTSの要素を上手く果たせるMS-DOSによるPCゲーミングでした。

リアルタイム・ストラテジーゲームの起原

RTSゲームのために道を開いたのは、1981年の【UTOPIA】というゲームでした。このゲームは最初のRTSゲームで、資源回収などのリアルタイム要素を利用するターン制の街づくりゲームというものでした。ゲーム内容は、いくつかのゲームラウンドを通して、二人のプレーヤーがそれぞれ一つの島とそこにいる住民たちを管理していきます。プレーヤーたちは、お互い接して、対戦相手の船を攻撃することで街の発展を遅らせることができます。

【UTOPIA】に続いて、1989年の【シムシティクラシック】と1991年の【シムアント】というゲームは、より複雑なRTSゲームのためにUIを開発することで、街づくりのジャンルを広めました。ゲーム開発者の Will Wright 氏は、ゲーム開発会社の Maxis が一般に公開している街づくりゲームの開発において極めて重要な役割を果たしました。これらのシムレイションゲームの目的は、上から下の視点で街を造ることと街の資源を収集することでした。また、例のゲームはシングルプレイモードのみのゲームになりますが、【UTOPIA】にある独特なターン制の要素は作用されません。

最後に、最初のRTSゲームでリアルタイム・ストラテジーゲームのジャンルを定義したゲーム会社は2社あります。一つ目はWESTWOODゲームスタジオという会社が開発したゲームタイトル、【Dune II】でした。その同じ会社も【Command & Conquer】などの有名なRTSゲームを開発していました。二つ目のゲーム会社、ブリザード・エンターテイメントは、1994年にリリースした【Warcraft】でRTSジャンルの流行りに大きく影響を与えました。その後、続きの【Warcraft2】のリリースは、ファンタジーRTSゲームというゲームプレイを流行らせ、後に【World of Warcraft】を担当する会社になるまでの成長を促進させました。また、1997年の【 Age of Empires 】はRTSゲームの技術ツリーを大衆化し、ブリザード社はRTSジャンルを定義する1998年の【StarCraft】をリリースした。

優秀のブラウザーベース・リアルタイム・ストラテジーゲーム