シューティングゲーム

狙撃兵として戦ったり、テロリストと戦ったりすることで、シューティングと狙いの練習をしてください。また、Y8.comのオンラインシューティングゲームの最大のコレクションでダーツを撃ったり、一人称シューティングゲームをすることもできます。

シューティングゲームの定義

シューティングゲーム、略してシューターは、銃器または発射体を特徴とするビデオゲームの一種です。仮想世界でよりたくさんの没入型ゲームを実現にする可能性により、シューティングゲームは徐々に広りました。このタイプのゲームはいくつかのサブジャンルを生み出し、銃器を単に射撃することだけでなく、乗り物の運転などのアクションも一緒にするというゲームに展開しました。原則として、各シューティングゲームには少なくとも2つの主要な要素があります。一つ目は、武器を撃つことです。二つ目は、何らかの動きがプレーヤーや撃てるオブジェクトから発生することです。普通は、ゲームプレイが線形または予測できる方法でプレイされ、各ラウンドは同様なものになります。場合によっては、開発者は新しい要素を追加したり、物事を入れ替わったりしています。例えば、敵の行動が異なるところや、新しい武器が使用可能になるところがあります。また、イースターエッグやゲーム内の色々なシークレットによって、シューティングゲームというジャンルにリプレイする価値を追加していきます。

シューティングゲームのサブジャンル一覧

ファーストパーソン・シューティングゲームでは、プレーヤーにキャラクターの視点を与え、キャラクターの目を通して見るゲームになります。視界が狭い傾向があるため、エイミングを強調するゲームです。逆に、サードパーソン・シューティングゲームをプレイすると、プレーヤーはキャラクターの後ろから見るゲームになります。この視界には、より広いものであり、エイミングよりもゲーム環境を重視するゲームです。例としては、stealth gamesを参照してください。

シューティングゲームの歴史

メイズ・ウォー(1973)は、初期のシューティングゲームの1つでした。このゲームでは、ジャンルの主な要素を定義しましたが、ゲームの機能は非常に限られていました。長年にわたり、このジャンルは、Doom(1993)やHalf-life(1998)のようなゲームでより複雑なグラフィックスを持つゲームに展開しました。現在は、これらのシューティングゲームは伝説ゲームとなっており、このゲームカテゴリーに見られる機能の定義に役立ちました。

ところが、最初のシューティングゲームは1プレーヤーゲームとして開発されていましたが、現在はmultiplayerゲームで最も人気があるジャンルの一つになりました。

おすすめのシューティングゲーム